優れた抗酸化物質としてのグラミネックス社の「花粉抽出物」

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 花粉症(アレルギー)
  》 経口免疫寛容
  》 免疫力の低下
  》 ED
  》 前立腺肥大
  》 更年期障害
  》 肝機能障害
  》 抗酸化作用

  優れた抗酸化物質としてのグラミネックス社の花粉抽出物

ORAC Value(フリーラジカルの吸収能力)によって測定される抗酸化物質は健康体を維持するのにおいて重要です。抗酸化物質は人体から有害なフリ−ラジカルを排除する手助けをします。
フリーラジカルとは組織の修復に必要なプロセスを満たすために、定められた安定した分子から電子を取り去る不安定な分子です。そのような振る舞いをする際に、フリーラジカルはすでに安定している分子群を不安定な状態にし、さらに細胞破壊の悪質な連鎖反応によりフリーラジカルをどんどん作り出してゆきます。たった一つのフリーラジカルが体の組織を修復する能力に重大なダメージを引き起こし、体が適切に機能する能力を妨害します。

タバコ、煙、アルコール、放射線、化学物質、高脂肪食の摂取、過剰な日光浴、活発な運動、および環境汚染質などのさまざまな環境毒素類に曝されることでフリーラジカルは人間の元気な細胞や組織を損傷してしまいます。体内に大量のフリーラジカルが存在すると個人の寿命はかなり短くなってしまうと信じられています。さらに、フリーラジカルは血液の酸化を引き起こします。
血流が過度に酸化されると多くのさまざまな健康被害、たとえば動脈の疾病、炎症性腸疾患、腎臓病、心臓病、癌、老化の加速などの要因となる可能性があります。
グラミネックス社の花粉エキスは体内において必要とされる健康な細胞を過度の酸化から防ぐためにフリーラジカルをやっつけてくれるのでしょうか。

グラミネックス社の花粉エキスに含まれている抗酸化物質は、究極的に病気へと導く要素となる血液中のフリーラジカルが善玉コレステロール分子、染色体を破損するのを防ぎ、既に存在している疾病と戦う免疫系の反応を助けます。抗酸化物質は繊維質に富む穀類などの植物性食品や果実、野菜の中に多く見いだされます。抗酸化物質はまた、ミネラルの中やビタミンA、C、E、β-カロテンにも見つけられます。
これらのビタミン類を高水準に含んでいる食品を大目に摂取するとか、グラミネックス社の花粉エキスを飲むことは、また、健康に役立つと考えられます。グラミネックス社の花粉エキスはハチ花粉、多くの果実、および野菜の中に見出だされる水準をはるかに凌ぐ非常に高いORAC Value を示します。
グラミネックス社の花粉エキスは体の中で発生するフレーラジカルや毒素と戦い減少させることが出来る39 種類以上にのぼる必須ビタミン、ミネラルや栄養物から構成されています。

グラミネックス社の花粉は、ハチ花粉と違って決められた植物からのみ花粉を収穫し、独自の技術で抽出処理をされるために汚染の可能性が除去され不純物が取り除かれています。
更に、グラミネックス社の花粉エキスは、含有する抗酸化物質によりフリーラジカルをやっつけるだけでなく、アミノ酸、不飽和脂肪酸や酵素などの体細胞に必要な栄養素でもってエネルギーを増大させ、ひいては総合的な体の健康につながります。
また、花粉エキスは毎日消費される食物から摂取されるビタミン、ミネラル、および微量元素の吸収を改善し、その結果、免疫系の防御、脂質代謝、血中コレステロール値、および前立腺の機能などの生命調整機能を活発にします。