肝機能障害についてのコラム

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 花粉症(アレルギー)
  》 経口免疫寛容
  》 免疫力の低下
  》 ED
  》 前立腺肥大
  》 更年期障害
  》 肝機能障害
  》 抗酸化作用

  肝機能障害

花粉エキスの肝機能に関する病理学的データは下記のホームページに掲載されています。
http://www.graminex.com/clinical_studies/clinical_studies.php
最近、よく耳にする言葉にデトックス作用というのがありますが、花粉エキスは多くのデータから、その作用を持つことが確認されています。
アリルアルコールを投与した実験では花粉エキスを投与した場合に、肝臓の損傷が大幅に
抑制されました。それはパラメーターとして使用された、トランスアミラーゼ、フォスファターゼにビリルビン活性が増大したことでさらにその損傷が減少しました。
さらに肝臓の損傷保護機能は組織の歴病理学的な研究からも確認されています。
その他、血液中の脂質減少、血小板凝集抑制作用などがあります。
構造的に、側鎖の違いはあるものの、植物ステロールとスタノールはコレステロールに類似しています。コレステロールへのそのような構造類似性のため、植物ステロールとスタノールは消化吸収の際に、消化管でコレステロールと競合します。
植物ステロール、スタノールが消化管に十分な量が存在しているなら、総血清コレステロールと低-密度リポタンパク質(LDL)コレステロール値を大幅に減少させながら、腸壁の向こう側の肝臓に移送されるコレステロールの量を減させます。
十分な量を摂取すると、GFX(脂質溶解性成分)は、コレステロール分子の動作をまねることによって腸管から肝臓まで輸送されたコレステロールの量を減少させるのにおいて有効になるように十分な植物ステロールとスタノールを消化管に提供します。
腸内吸収は、最も大きいコレステロールリソースである二つの供給源、つまり食事(外生)と胆路性(内生)から届けられ体内に提供します。
セルサポートと再生に必要であるアリルアルコール有毒物促進肝臓防御性によって誘発された血清酵素上昇誘発を大幅に減少させます。
GFXコレステロール低下能の研究は、まだ限定的であり現在も、調査が行われています。

G63による肝機能障害への知見データ(PDF)