EDについてのコラム

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 花粉症(アレルギー)
  》 経口免疫寛容
  》 免疫力の低下
  》 ED
  》 前立腺肥大
  》 更年期障害
  》 肝機能障害
  》 抗酸化作用

  ED

(ED)Erectile Dysfunctionは、40〜70歳の男性の半数以上が何らかの原因でEDになっているとされていますが、EDはなかなか口に出すのが恥ずかしいということで、実数は把握が難しいのが現状です。日本での疫学調査ではEDに悩む人は、1,000万人を越えるとも言われています。
実はED肝機能障害については関連性があるとされております。
男性ホルモンは肝臓で代謝される物もあれば女性ホルモンに変換され代謝される物もあります。
肝機能障害があると女性ホルモンの代謝が遅延になります。よって、EDを誘発する原因となります。また、前立腺肥大症の多くの方(60〜70%程度)は結果的に男性ホルモンが低下していてEDを誘発している事が多いようです。しかし、ホルモンが低下すると肥大症になるわけではなくてホルモンとの関連性はありません。加齢になると当然男性ホルモンは低下しますし、EDにもなりやすい状態になります。肥大症の症状として、排尿障害がありますのでSEXどころではないというのが本音でしょう。だから排尿障害が治ると安心してSEXのことが考えられるようになると思われます。

G63によるEDへの知見データ(PDF)