花粉症(アレルギー)についてのコラム

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 花粉症(アレルギー)
  》 経口免疫寛容
  》 免疫力の低下
  》 ED
  》 前立腺肥大
  》 更年期障害
  》 肝機能障害
  》 抗酸化作用

  花粉症(アレルギー)

まもなく戦後60年が過ぎようとしている。その間に日本人の食事内容は、植物性食品(穀類)や、味噌、醤油が中心であったものから、衣食住の欧風化に伴って食生活にも大きな変化が生じた。つまり、この間に肉類、乳、乳製品や卵の摂取量が大幅に増えた一方で、従来の穀類の摂取量が大きく減少することとなった。このことで、栄養バランスは大いに改善されて、世界一の長寿国となることができるまでに豊かな食生活をエンジョイすることが可能となった。だが、喜んでばかりはおられない。我々はこのような食生活の変化により、さまざまなアレルギーなど免疫系の疾患に悩まされることになってしまったのである。
昔の人の知恵として、おにぎりを抗菌作用のある笹や柿の葉に包み、その中には塩蔵された梅干を入れ、食中毒から我々の体を守ってくれていた。また食卓にはお酢を利用した料理も多かった。だが、現在の我々の身のまわりには、防腐剤、抗菌剤、発色剤などの入った加工食品が満ち溢れ、食中毒は減少したものの否応でもそのような化学物質が我々の体内に取り込まれることになってしまった。さらに抗生物質など薬剤の多用と相まってアレルギー問題を引き起こしているとされている。

経口免疫寛容へつづく
G63による花粉症への知見データ(PDF)