G63効力:精液に対する影響、泌尿器系、泌尿器系疾病にかかわる前立腺のサイズ縮小への役目、薬物とアルコール中毒に関連した肝臓解毒作用など

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 精液に対する影響
  》 泌尿器系
  》 泌尿器系疾病にかかわる
    前立腺のサイズ縮小への役目
  》 薬物とアルコール中毒に
    関連した肝臓解毒作用
  》 肝臓--血液脂質と血小板凝集
    を減少させる
  》 免疫系機能と免疫
  》 健康な前立腺維持
  》 泌尿器系
  》 健康な肝臓
  》 前立腺の健康
  》 健康な肝臓
  》 免疫系
  》 さまざまな期待される作用    
 グラミネックスG63(花粉エキス)に含まれる「G60とGFX」の効力

精液に対する影響

精液は一回の射精ごとに栄養分を無くしていきます。
花粉エキスは、生命に必要な栄養物を含んで、射精の際に失われる栄養分を補う働きをします。射精精液の90%以上は精液の移動性と生存率を助ける前立腺にあるアルカリ性の精液です。最高点尿流速の増大、前立腺の炎症の収縮と回復が期待され、不妊症の治療に利用されています。

 

泌尿器系

花粉抽出物の併用は反アンドロゲンと(非ホルモン性)効果、大きくなった膀胱筋肉の調節、尿の平滑筋の緊張緩和、およびプロスタグランジンとロイコトリエン合成の阻害において泌尿器系に良い影響を与えます。

 

泌尿器系疾病にかかわる前立腺のサイズ縮小への役目

尿流量の制限、頻度、尿の出始め/停止時における尿流の出が悪い、排尿痛、血尿、骨盤の、または、腹部の不快感、完全な尿排出困難症。PSA 値の減少を助ける。
人間での臨床試験において、花粉抽出物は複雑な要因が除外された場合には、このような症状に明白な効果を持つことが示されている。

 

 

 

 

膀胱頚部の狭穿症、前立腺結石、尿道狭窄症、細菌感染、または他の複雑な要素



薬物とアルコール中毒に関連した肝臓解毒作用

結果として肝臓傷害の減少となる毒性パラセタモールの継続的投与により引き起こされた肝臓傷害の生化学、形態学的顕現な正常化。グルタチオンの役割は花粉抽出物の防御活性のメカニズムにおいて重要です。アリルアルコールのみを投与された動物において、花粉抽出物の併用で、血清酵素活性の大幅な減少の引き金となります。

 

肝臓--血液脂質と血小板凝集を減少させる

シチエンのメデイカルアカデミーのL.Samochowiec とJ.Wojcicki 教授は、花粉抽出物の生体外、生体内での血液中の血小板凝集と脂質への効果を薬理学の面で研究をしました。1982 年の報告では、39〜56 歳のそれぞれ10 人の健康な女性と男性にテストしました。2 週間後に、凝集の敷居値は82%増加しました。凝集の速度は大幅に減少しました。総脂質、トリグリセリド、および総コレステロールレベルが減少しました。

 

免疫系機能と免疫

スティーブンマークベンデル博士は1975 年に花粉抽出物で首尾よく88名のホンコン型インフルエンザを治療しました。比較グループではビタミンCを投与され、被験者は準備された花粉エキスを投与されました。他のすべての薬物については両群とも変わりがありませんでした。病気の持続は4-6 日間から48 時間まで短縮されました。花粉エキスの摂取は免疫を上げ、風邪、インフルエンザに対してポジテイブな影響をもたらします。

 

 

 

 

グラミネックスG63に含まれる花粉抽出物『G60』の効力


健康な前立腺維持
グラミネックス社の花粉エキスにおける抗酸化物質、アミノ酸、およびフラボノイド類はすべて引き寄せられて、前立腺に集まる傾向がある。
花粉エキスはそれらの相乗効果を発揮します、それは、前立腺のサイズを縮小させ充血を緩和させます。


泌尿器系
花粉抽出物は、膀胱に平行している尿道の平滑筋組織の緩和を引き起こすことにより完全な排尿をもたらします。また、それらは線維芽細胞と上皮細胞の成長の分裂促進抑制剤として機能する。


健康な肝臓
グラミネックス社の花粉エキスに含まれるビタミンB 群は複合化補酵素として、酵素が肝臓内で消化(統合)脂肪を減少させる化学反応に反応するのを助ける。
グラミネックス社の花粉エキスにおけるアミノ酸類は、肝臓によってグルコースに変えられ、必要なエネルギーを細胞に供給し、結果としてアンモニアになる。
そして、肝臓はアンモニアを腎臓でろ過し、泌尿器系で排泄されるそれほど毒性を持たない尿素に変換します。アミノ酸複合体サプリメントを提供することで肝臓疾患での、蛋白質生合成を支援することができます。

 

 

 

 

グラミネックスG63に含まれる花粉抽出物「GFX」の効力


前立腺の健康
カロチノイドと抗酸化ビタミンは、前立腺からフリーラジカルを除去する手助けをします。
植物ステロール、プロスタグランジン、およびフィトステロールは全て重要な成分であり前立腺のサイズを正常な大きさに修復して、機能するように細胞レベルで機能します。


健康な肝臓
側鎖においてはのみ構造的に異なっておりますが、植物ステロールとスタノール(飽和誘導体)はコレステロールに類似しています。構造的類似性により植物ステロールとスタノールはコレステロールが吸収される間、消化管前部でコレステロールと競合します。
植物ステロールとスタノールが消化管前部に十分な量存在しているなら、腸壁の向こう側で肝臓に輸送されるコレステロールの量は減少し、総血清コレステロールと低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロール値を低下させます。
十分な量のGFX を飲むと、GFX は、コレステリン分子の行為をまねることによって腸管から肝臓まで輸送されたコレスロールの量を減少させるのに有効な十分な植物ステロールとスタノールを消化管に供給します。腸吸収は最も大きいコレステロール供給元である食事と胆路性(内因の)から届けられ体内に供給します。GFX のコレステロール低下能力の研究は、件数が限られており、まだ調査が継続中です。


免疫系
グラミネックス社の花粉エキスは、自然な量の植物ステロールとステロリンにより体の細胞によって必要とされる正確な比率でもって免疫システムのバランスを促進する。グラミネックス社の花粉エキスは、植物ステロールとステロリンの自然界の比率を保つために特別に注意を払っています。


さまざまな期待される作用
花粉症治療、前立腺関連治療、尿漏れ、ED、免疫向上、精液、精子製造能力増大、不妊治療、男女のリビドー向上、抗酸化作用、抗ガン作用、抗炎症作用、二日酔い予防、解毒作用、アレルギー症状の緩和、男女更年期障害の緩和、生理痛緩和、生理不順、スタミナ増強、持久力向上、にきび、皮膚の賦活再生促進、筋力増強、呼吸器系の病気にかかりにくくなる、つまり風邪、インフルエンザにかかりにくくなる、造血作用、便秘解消、肝臓病(血中アルブミンをガンマアルブミンへ転換)、骨折が早く治癒、ストレスの軽減、増毛、躁鬱の改善、精神安定、放射線治療中での副作用軽減、快眠、気分が落ち着く、高齢者の食欲増進、物忘れの減少、血液組成改善、貧血改善、手の震えの減少、手足の血行障害改善、便秘軽減、整腸作用。ま