G63の栄養成分:水溶性部分「必須アミノ酸とアミノ酸類」、B複合体ビタミン類、コリン、イノシトール、ビタミンC、酵素類、フラボノイド、脂溶性ビタミン、プロビタミンA

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 水溶性部分は必須アミノ酸
  》グラミネックス社の花粉抽出物
  》B複合体ビタミン類
  》前立腺を健康に保つのに
     必要な栄養物
  》コリン
  》イノシトール
  》酵素類
  》フラボノイド
  》脂溶性ビタミン
  》プロビタミンA
  》ビタミンD
  》ビタミンE
  》ビタミンK
  》極性の、そして中性の脂質
 グラミネックスG63(花粉エキス)の栄養成分

水溶性部分『必須アミノ酸とアミノ酸類』

G60には体が必要とするタンパク質を生産するに必要なすべての必須アミノ酸、アミノ酸類が含まれている。アミノ酸類は、ビタミンとミネラルが適切に彼らの仕事を実行するのを可能にします。
アミノ酸類は体内の様々な臓器で作られ蛋白質合成の助けとなるものです。体内では、肝臓が必要とされるアミノ酸類のおよそ80 パーセントを生産します。必須アミノ酸は体内では合成できないもので食物やサプリメントから摂取しなければなりません。必要アミノ酸のすべては、他のアミノ酸類が窒素バランスを維持するのに利用されるために食物の中に同時に存在していなければなりません。
メチオニンとタウリンのアミノ酸代謝の欠乏や損傷はアレルギーと自己免疫異常に関連している。
あるアミノ酸類には、長期間高濃度で摂取すると潜在的に毒性を持つものがあります。

 

グラミネックス社の花粉抽出物『G60』

G60には自然が計算した蛋白合成の比率で必須アミノ酸、アミノ酸類を含んでいます。必要アミノ酸は窒素バランスを保つのと、蛋白質摂取に必要で、結果として窒素バランスを保ちます。たんぱく質から摂取される窒素量が糞尿で失われた窒素とほとんど等しいときに、窒素バランスが保たれます。経口投与か静脈注射で与えられた花粉エキスはアミノトランスフェラーゼ活性の上昇、炎症性プロセス、壊死、および肝細胞の狹窄症を抑制するか、または打ち消すことがわかっています。

 

B複合体ビタミン類

神経、皮膚、目、髪、肝臓、および口の健康維持花粉エキスは、酵素類が化学的にエネルギー生産にかかわる他の物質と反応するのを助けるために補酵素として機能します。前立腺を健康に保つのに必要な栄養物ビタミンB1、リボフラビン、ナイアシン、B6(ピリドキシン)、葉酸、B12(シアノコバラミン)、パントテン酸、ビオチン、PABA、イノシトール、およびコリン。
この種類の栄養物は脂溶性ビタミンと同一程度に体内に保存することができません。
これのために、ビタミンB複合物などの水溶性ビタミンでは、欠乏がより起こりがちです。

 

コリン

腎臓で水分バランスを維持するのに利用され、メチオニン形成のためのメチル基の源として肝臓で使用されます。それは神経刺激伝達、胆嚢調整、肝機能、およびレシチン生産を助けます。
コリンはコレステロール値を下げたり血圧を下げたり腎臓の栄養分として必要で処理する脂肪に関連する肝臓健康と栄養物として腎臓で必要である。
コリンを採る最も良い方法はイノシトールと同量で、ビタミンB、ビタミンA、およびリノール酸(グラミネックス社の花粉エキスで含まれたすべて)で。コリン、脂肪、イノシトール、必須不飽和脂肪酸がレシチンを作り、ビタミンB6やマグネシウムを含む補酵素が必要となります。(グラミネックス社の花粉エキスに全て含まれています)

 

イノシトール

目の健康、脳の中の特別な細胞、骨髄、および腸にとり必要です。イノシトールは細胞膜の適切な形成に必要です。それは、体内で神経伝達に影響を与え、脂肪類を運ぶのを手伝います。それは、また、健康な髪の発達を促し、毛髪脱落を予防すると報告されております。糖尿病患者においては、イノシトールの排泄量が増えるという報告がありますが、イノシトール欠乏症に関する明白な報告はされていません。

 

ビタミンC

フラボノイド、カルシウム、およびマグネシウムといっしょに摂取すうことが望ましい。
抗酸化性質を高めるために、他の抗酸化剤といっしょにとることで相乗効果が期待されます。結合組織、神経伝達物質、ステロイドホルモン、カルニチンの合成に必要です。抗酸化物質としてのビタミンC(アスコルビン酸)。組織の生長と修復、癌から守ります。鉄の吸収を増加させます。コレステロールを胆じゅう酸へ変換。健康な細胞を促進します。適切なカルシウム吸収。傷と熱傷治癒を促進します。血液凝固と挫傷の防止。毛細血管壁を強化します。免疫系を高めます。動脈硬化のコレステロール低下と防止における役割。

 

酵素類

グラミネックス社の花粉エキスG60 は、細胞エネルギーを提供するのに必要なアミノ酸を分解し、炭水化物を消化し脂肪や脂質を消化しミルクやミルク製品を消化し、細胞に必要なエネルギーを提供するのに必要な触媒反応に関係のある6種類の酵素を含んでおります。グラミネックス社の花粉エキスには自然に含まれている酵素、オキシドレダクターゼ、トランスフェラーゼ、加水分解物、融解酵素、異性化元素があり、体が栄養物を吸収するのを助けるのに必要なものです。酵素類のこの組み合わせは体内の基質炭水化物、たんぱく質、繊維、および脂肪を助けます。

 

フラボノイド

グラミネックス社の花粉エキスG60 は重要な酸化防止活性を提供する重要なフラボノイドを含んでいます。これらのフラボノイド類の存在は、連鎖球菌抑制要素を提供するストレプトリシン阻害要素について説明するのを助けるかもしれない。

 

グラミネックス社の花粉抽出物『GFX』―脂質可溶部分

脂溶性ビタミン
グラミネックス社の花粉エキスは脂溶性ビタミンを含んでいます;
プロビタミンA(カロチノイド)、D、E、およびK、これらのビタミン類は、不可欠の抗酸化物質であり、体内の利用たんぱく質、カルシウム、およびリンを助けます。ビタミンEは破壊されて、ビタミンK調節血液凝固因子から他の脂溶性ビタミンを保護します。


プロビタミンA
レチノール、デヒドロレチノール、および野菜、アルファカロテン、β-カロテン、ガンマカロテン、およびクリプトカロテン。グラミネックス社の花粉エキスは野菜プロビタミンA を含んでいます。体は、自らビタミンA を製造するためにβ-カロテンを必要とします。ビタミンA は暗所視、健康な皮膚、および免疫系に必要です、抗酸化性(汚染、癌、老化防止と同様に他の疾病にかかりにくくします)。


ビタミンD
骨成長と強い歯を助けて、ビタミンDはカルシウムの吸収を増加させます。最近の研究は乾癬、免疫のシステム機能、甲状腺機能、血液凝固の領域に可能な利益を示します。


ビタミンE
ビタミンE は有効なたんぱく質連鎖破壊です、と脂質の可溶性の抗酸化物質(細胞防御におけるどのエイズ)はセルの酸化に話したか、不安定なフリーラジカルの中和、心臓病、卒中、炎症性関節腫脹、老化、癌腫、および糖尿病に関連する変性変化の防止。


ビタミンK
ビタミンKは正常な血液凝固に必要です。あなたの食物におけるビタミン含有量K は、抗凝血薬がどれくらいよく働くかに影響するかもしれません。
ビタミンKの欠乏は、まれですが、凝固する血液に関する問題、増加する出血時間、および減少している凝固時間を引き起こすかもしれません。
出血の問題を防止する目的で、きまりきってビタミンKを新生児に与えます。


極性の、そして中性の脂質
体内から脂肪類を分解する(アテローム性動脈硬化防止に役立った)のに役立つことによって重要な臓器が肝機能トラブルの脂肪類脂肪酸の中に20の独立したが酸が確認されました。
ステロールとステロリン(フィトステロール)1950 年代に、植物ステロールのコレステロール低下効果は、「植物ステロールの投与による血清コレステロール値の低下」米心臓病協会に特定され確認をされました。植物ステロールとステロリンはライ麦、とうもろこし、および小麦で最も高い濃度で見いだされます。(ライ麦ととうもろこしはグラミネックス社の花粉抽出物の生産に使用される2 つの植物種です)極性の、そして、中性の脂質は、以下でGFX の効力で植物ステロール、ステロリン、および様々な応用を寄贈するので、分類されています。