G63化学的組成:水溶性物質と脂質溶解性物質、体内の細胞、器官、および組織、フリーラジカルと戦う抗酸化剤

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 水溶性物質:G60
  》 脂質溶解性物質:GFX
  》 前体内の細胞、器官、および
    組織物
  》 フリーラジカルと戦う抗酸化剤
    としてのグラミネックス社の
    花粉エキス
 グラミネックスG63(花粉エキス)の化学的組成

水溶性物質: G60

アミノ酸、必須アミノ酸、ビタミンB 群、コリン、チアミン、リボフラビン、ニアシン、B6,B12,パントテン酸、葉酸、イノシトール、酵素、フラボノイド


脂質溶解性物質: GFX

カロチノイド、ビタミンD,ビタミンA,D,K, 極性,中性脂質、植物ステロール


グラミネックスG63(花粉エキス)の中身成分

グラミネックスG63(G60とGFX)の全中身成分(PDF)


体内の細胞、器官、および組織

前立腺に関する病気と肝臓疾患との間には同じ因子によって重複した類似性があることに注意するのは興味深いことです。脂肪分の多い食事、赤身肉の摂取、アルコールと化学物質の摂取、運動不足、新鮮な果物や野菜の不足、ストレスが多い現代のライフスタイル、および環境を取り巻く有害物質などがこれらの病気をもたらす因子となっています。

グラミネックス社の花粉エキスG60とGFXは、最適な健康状態をもたらし、維持するのに必要な栄養物を補給するために細胞レベルで働く治療的栄養物を提供します。
例えば、病的な肝臓は、前立腺ホルモンやフリーラジカルの副産物を効果的にろ過する能力を奪い去ってしまいます。これらの毒性のある副産物は、前立腺肥大、細胞破壊へと導く働きをし、体内を循環しながらそれは磁石のように行動します。
男性の場合にはしばしば、肝臓疾患の患者は付随して前立腺の病気に罹患しています。ですから肝臓と前立腺の病気に必要とされる科学的に勧められるサプリメントの種類はほとんど同様のものです。


フリーラジカルと戦う抗酸化剤としてのグラミネックス社の花粉エキス

グラミネックス社の花粉エキス等のサプリメントがフリーラジカルをやっつけ、無毒化し体を保護する目的で食事以外に摂取されることは望ましいと言えます。過度のフリーラジカルの存在は細胞や組織に損傷を与えます。フリーラジカルが過剰にあるとますます体内にさらにフリーラジカルが増幅されていきます。
グラミネックス社の花粉エキスはこのようなフリーラジカルが増えるのを防ぐ働きをします。
高濃度のフリーラジカルは細胞自身の遺伝子コードを書き換えるかも知れません。
フリーラジカルによって形成される突然変異群は他の多くの疾病と同様に白血病やその他のタイプの癌を引き起こす可能性があります。
抗酸化物質にはビタミンA、ベータカロチン、ビタミンE、ビタミンC、フラボノイド、およびセレニウム等に含まれています。そのすべてがグラミネックス社の花粉エキスの中に存在しているのです。フリーラジカルは細胞の保護膜を損傷し、細胞内における流動性を妨げ老化を引き起こすことになります