花粉エキスG63による前立腺炎への知見

グラミネックスG63とは グラミネックスG63コラム 神田医新クリニックの知見 グラミネックスG63新聞連載記事 グラミネックスG63のQ&A


  》 花粉症への知見
  》 肝機能障害への知見
  》 前立腺炎への知見
  》 女性更年期への知見
  》 EDへの知見

 Graminex社の”花粉エキスG63”による前立腺炎への知見


横山博美  鈴木直文  西村良己
(神田医新クリニック)

花粉は次世代の植物の誕生に欠かせないものであり、豊富な栄養分(アミノ酸、ミネラル、ビタミン)を含有しており、未知なる作用を秘めた物質であり、泌尿器(前立腺肥大前立腺炎)治療において、35年前より花粉製剤は使用されてきた。前立腺炎に伴う不定愁訴の改善には長期間を要する為に、医薬品に代わり長期間服用しても害が無く安心して服用でき、また、症状の改善が見込まれるサプリメントの誕生が望まれている。今回、我々はサプリメントである花粉エキス前立腺炎の治療に試用し、改善の効果を得たので報告する。

【対象と方法】
当クリニックに前立腺炎の治療で通院中の患者13名に服用してもらい、IPSS(国際前立腺症状スコアー)のスコアーを基に改善度を判定した。
期間は1ヶ月から3ヶ月間とし、花粉エキスはアメリカのオハイオ州にあるGraminex社が、自社の畑で、農薬を使用せず、遺伝子操作をしていないライ麦、とうもろこし、の種を使用して栽培し、その花粉を原料としている。チモシー(日本ではおおあわがえりと言われている)は雑草であるが、若干の花粉は混じることがある。花粉は二重の殻からできており、強い耐酸性と耐熱性(300度でも破壊されない)の為に花粉を食べても消化・吸収ができないが、Graminex社では特殊な技術を駆使してG60(水溶性栄養成分)とGFX(脂質溶解性成分)を別々に抽出した後、20:1の比率で複合化させG63という製品に仕上げ、それを提供してもらった。
 1日6錠を朝、夕食後に3錠ずつ服用してもらった。1錠あたり250mgで花粉エキスを62.5mg含有する。(1日量・・・花粉エキスとして375mg)

【結果】 →前立腺炎への知見データ(PDF)2005年7月29日